休校中の子どもの勉強は、焦らずに長い目で見守っていこうと思います。

f:id:nekotohina:20200418140818j:plain

子どもの生活リズムを夜型から朝型に整えはじめてから、そろそろ一週間。 

www.teiban.hanatooyatsu.com

徐々にですが、朝型の生活にも慣れてきました。

 

実は朝型のリズムにまだ慣れない頃、起きてから1~2時間経ったところで

「もう一度寝たい~。」と言うことがありました。

ええっ??うそでしょ?

8時間は寝ているし、ちょっと前に起きたばかりなんですけど…(^▽^;)

このときは驚きましたが、こんな感じでも続けているうちに変わってくるんですね。

生活リズムの見直しについては、あともう少しなのでがんばっていきたいと思います。

 

さて子どもの勉強についてですが、 生活リズムを朝型に戻したところでまず確認したのは、本来なら今頃どの単元を勉強しているのかということです。

(教科書の順番通りに進んでいく学校なら、おおよそでも「この辺かな?」と目安がつくと思います。)

教科ごとに見てみると、わが家の場合は教科によってばらつきがありました。

予習の進んでいる教科と遅れ気味の教科。

遅れているとはいってもまだ4月なのでそれほどの量ではありませんが、国語と社会があまり進んでいなかったので、まずはこの2つの教科を中心にしばらくは勉強をしていきたいと考えています。

家のこともやりながら子どもの勉強も今まで以上に見なければならないので、学校へ行っているときと比べるとどうしても劣ってしまうとは思います。

でもこんなときなので、出来る限りのことをしてあげたいなという気持ちでいます。

 

家庭学習は子どもが小学校に入学してから続けているのでもう何年にもなりますが、子どもの成長にあわせて親の役割も少しずつ変わってきているのを感じます。

一番大変だったのは小学校低学年の頃です。

まだまだ遊びたい時期の子どもに勉強の習慣をつけるというところからはじめるので、手もかかります。

でもこの時期に毎日短い時間でもいいので机で勉強するという習慣をつけられると、のちのち楽になります。

学年に合わせて少しずつ勉強時間は伸ばしていけばいいので、どれくらいやったかという時間のことはあまり気にせず、休校中も毎日机で勉強する習慣だけは続けていかれるといいと思います。

休校が続く中、お子さんの勉強に対する不安を抱えている方も多いと思いますが、みんな同じ気持ちですので、焦らずに長い目で見ていきたいですね(#^.^#)

 

スポンサーリンク

   

 

学校の休校中はストレスを溜めないよう、子どもも勉強だけでなく映画を観たり、普段とは違う時間にお風呂に入ってみたり… と気分転換をしながら過ごしています。

www.teiban.hanatooyatsu.com

さんまさんのテレビで以前紹介された『殿様のだだちゃ豆 』が好きで、おやつによく食べてます。

www.teiban.hanatooyatsu.com

スポンサードリンク