巣ごもりしながら思うこと。

f:id:nekotohina:20200411161928j:plain

今日は緊急事態宣言が出て最初の土日ということで、外出の自粛をされている方が多いと思います。

ここまで感染が広がってくると、もう土日だからとか、どこに住んでいるとか、そういったことは関係なく、どうしても必要な用事がない限りは今いる場所でじっとしていることが大切なのではないかなという気がします。

若いから大丈夫とか、疾患がないから大丈夫…なんて簡単に言えないですよね。

実際にかかってから後悔したのでは遅い、そう思います。

 

だから私も3月から巣ごもりを続けているわけですが。

www.teiban.hanatooyatsu.com

最近思うのは、どこまでみんなが耐えられるかということです。 

医療に従事している方たちもそうですし、いつもとは違った形で仕事をされている方たち、休業要請に応える形で仕事を休まれている方たち、そして巣ごもりを続けている私たちもそう。

長くなれば長くなるほど、疲れや経済的な影響、それに伴う不満が出てきます。

だから、みんなが疲れ果ててしまう前に1日も早く、短期間で収束させるよう努めて欲しいです。

 

それにしても、ニュースを見ていて驚くのは政府のお金の使い方です。 

限られた予算の中で何にお金を使って、どこを削るのかというのは家計とよく似ていますが、新型コロナウィルスが流行しているこの状況で本当に必要なものは何か、何にお金を使わなければならないのか…という点がどこかずれているような気がします。

(布マスクもそうですが、今朝目に入ったこの記事にも驚きました。)

t.co

でもこんな大変なときだからこそ、1人1人の政治家が私たちにどこまで寄り添ってくれているのかが明らかになるような気もします。

今は次の選挙のため、しっかりと見極めるとき。

今まで政治に関心を持って来なかった自分を反省するとともに、これからニュースを見るときにはそんな気持ちで見ていこうと思っています。

 

スポンサーリンク

   

 

巣ごもり中に気をつけていることについて書きました。www.teiban.hanatooyatsu.com

情報はほどほどに。ニュースや新聞、SNSなどを必要以上に見すぎないことも大切だと感じています。 

www.teiban.hanatooyatsu.com

スポンサードリンク