物は使うためにあって服は着るためにある

f:id:nekotohina:20191118203559j:plain

物は使うためにあって服は着るためにある。

わかってはいるのですが、これがなかなかできません。

本当に気に入っているものは大切にしまってしまうので、なかなか表に出てくる機会がないんですね。

これをどうにかしたいと思い、最近よくしているのは気に入っているものは同じものを2つ以上揃えること。

これなら1つがダメになっても同じものがまだあるので、安心して使うことができます。

バカみたいだなあと思いながらも、そこまで気に入るものにはなかなか出会えないので、「これは!」と思ったものはいくつか揃えるようにしています。

歳を重ね、自分に似合うものと似合わないもの、また長く使いたいものとすぐに飽きるもの、こういったことがだんだんとわかるようになったからかもしれません。

 

先日、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法 」を読み、久しぶりにクローゼットのなかをもう一度見直しました。

過去ではなく、今の自分、これからの自分に合ったクローゼットにしたいと思い、ときめくものだけを残し思い切って整理したところ、気持ちもすっきり!

洋服が片づいたおかげで、整理するための収納グッズも必要なくなりました。

今回のクローゼットの見直しでもしっかり残った、先ほどの洋服たち。

片づけをするうちに、大切にしまっておくよりももっと着る機会を増やしてあげたいなと思うようになりました。

 

お題「これって私だけ?」

スポンサーリンク

   

洋服に関する記事、こちらもどうぞ。 

www.hanatooyatsu.com

www.hanatooyatsu.com