読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定番にしたいもの

買ってよかったもの、使ってよかったもの。また次も同じものを選びたい、わたしの定番にしたいものを紹介します。

クックパッドの濃厚コーヒーババロアを作ってみた

先日紹介した、濃厚で美味しい杏仁豆腐。

杏仁霜(きょうにんそう)を使い切らないともったいない…ということで、あれからもう一度杏仁豆腐を作りました。

それでもまだまだ使いきれない杏仁霜(^▽^;)

半分の量で売ってくださると嬉しいです。

www.teiban.hanatooyatsu.com

 

前回はエバミルクを入れない杏仁豆腐を作りましたが、2回目はエバミルク入りのものを作ってみました。

この2つを比べてみると、おすすめしたいのはやはりエバミルク入りのもの。

杏仁豆腐を作られるときには、ぜひエバミルク入りで作ってみてください(*'▽')

なめらかで濃厚な杏仁豆腐が出来あがります。

 

スポンサードリンク

 

 

今回のおやつはコーヒーババロア

さて、今回紹介するおやつはコーヒーババロアです。

杏仁霜と同様に余ったゼラチンをどうしようかということで、コーヒーババロアを作ることにしました。

実は何年も前に一時期コーヒーババロアにはまった時期があり、レシピを大切に保存していたつもりでしたが、どんなに探しても見つからず。

仕方がないので、記憶を頼りにクックパッドで似たようなレシピを探してみました。

 

そして濃厚コーヒーババロアのレシピを発見!

材料は次の通りでした(小ココット6個分)。

牛乳     300cc
生クリーム       100cc
砂糖                    40g
インスタントコーヒー   10g
ゼラチン               5g

ゼラチン5gという数字や、生クリーム100ccという数字が嬉しいですね。

…というのも、前回紹介したようにゼラチンは小袋が1つ5g入り。

f:id:nekotohina:20170325134832j:plain

生クリームもスーパーなどでよく見かけるものは1つ200cc入りなので、レシピの材料を倍で作ると、量るのは牛乳と砂糖、インスタントコーヒーのみとなります。

 

私はインスタントコーヒーも量るのが面倒なので、スティックタイプのものを使いました。

レシピには10gとありましたが、レシピ通りに作るときにはこのスティック1本で十分。

2倍のレシピで作るときにはスティックを2本入れます。

この香味焙煎は香りがいいので、普通にカフェオレにして飲んでも美味しかったです。

ネスカフェ 香味焙煎 深み スティック 8P×6箱

ネスカフェ 香味焙煎 深み スティック 8P×6箱

 

 

今回参考にさせていただいたコーヒーババロアの作り方はこちらに詳しく出ています。

cookpad.com

そして完成したコーヒーババロアがこちら。

耐熱用のカップに入れて作ってみました。

f:id:nekotohina:20170331094113j:plain

 

こちらは保存容器で固まらせて切り分けたものですが、層になっているのがわかるでしょうか?

上の部分には生クリームが多く、下の部分はコーヒーの風味豊かなババロアになっています。

f:id:nekotohina:20170331094058j:plain

 

第2次プリンブーム中の子どもも、このコーヒーババロアに夢中。

「また作ろう!」と繰り返すので、しばらくはコーヒーババロアと杏仁豆腐作りが続きそうです。

 

ちなみにコーヒーババロアと杏仁豆腐では、コーヒーババロアの方が短時間で作れます。

材料を用意したら、順番に鍋に入れ、混ぜながら加熱。

あとは容器にこして入れるだけ。

慣れてくれば10分程あれば作れます。

ただゼラチンを使っているので、固まるまでには時間がかかるんですよね。

そんな訳で昼間作ると、固まるまで「まだかな?まだかな?」と冷蔵庫が気になりますが、夜作って冷蔵庫に入れておくと起きたころには食べられるので、夜作るのがおすすめです。

 

気温も上がり暖かくなってくると、ひんやりしたデザートが美味しく感じるようになります。

春休み中のお子さんとのお菓子作りや、お花見のデザート(この場合は保冷剤を入れていった方がいいかも)にどうぞ。

 

スポンサードリンク 

 

 

ひんやりデザート、 プリンもいいですね。

www.teiban.hanatooyatsu.com

www.teiban.hanatooyatsu.com