読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定番にしたいもの

買ってよかったもの、使ってよかったもの。また次も同じものを選びたい、わたしの定番にしたいものを紹介します。

ハムスターの冬眠には注意が必要!寒さ対策を忘れずに

毎日寒いですね~。

 

でも寒いと感じるのは、どうも私たち人間だけではなさそうです。

わが家のネコは、私がこたつに座っていると自分も入りたくて、近くに来ては『ちょいちょい』っと手(前足)で合図をしてきます。

こたつ布団を持ち上げてあげると、その隙間からさっと入るのが冬の習慣です。

誰もいないときには自分で布団を持ち上げてこたつに入っているので(電気が入っていなくても、こたつの外にいるよりはいいようです)、本当は自分で出来るんですよね。

でも、私たちがいるときには甘えてくるところが何とも可愛いです。

 

そしてわが家にはもう1匹、動物がいます。

それは、パールホワイトハムスター。

f:id:nekotohina:20170130112312j:plain

ネコと比べると、ハムスターの方が気温の変化に対して敏感です。

私たちが想像する以上に暑さにも寒さにも弱いので、ハムスターを飼うときには注意してあげる必要があります。

 

スポンサードリンク

 

 

ハムスターを飼うときの注意

夏は暑さから、冬は寒さから守ってあげる必要があります。

 

夏の場合

まず、夏には直射日光の当たらない風通しの良い場所にゲージを置きます。

部屋にはクーラーをかけ、気温が上がり過ぎないように気をつけます。

心配な場合は、このようなハウスをゲージの中に入れてあげるのもおすすめです。

 

SANKO 涼感キューブ M

SANKO 涼感キューブ M

 

 

冬の場合

昨年はお店で探しても在庫が見つからなかったため、温めた『レンジでゆたぽん』をゲージの下に敷いたり、カイロを置いたりして、寒さをどうにかしのいでもらったのですが、今年は冬に入る前にドームヒーターを探しました。

これですね(*'▽')

ハムスター用のヒーター。

コンセントを入れてドームヒーターを暖かくしてあげると、中にいるハムスターはぽかぽかでいられます。

ヒーター部分はリバーシブルになっているので、約30℃と約38℃の2つの面から気温に応じて選んであげることが出来ます。

部屋の暖房を切ってしまう夜でも、これがあるおかげで安心していられます。

 

冬は冬眠させないように気をつける

なぜこの冬ドームヒーターを導入したかと言うと、ハムスターは気温が下がり寒くなると、丸くなったまま固くなってしまうことがあります。

この状態、ハムスターを飼いはじめるときにペットショップなどで「冬眠」とか「凍る」という表現で説明を受けることがあるので、ご存じの方もいらっしゃると思います。

このように冬眠した場合は、体をゆっくり温めてあげることで再び目が覚めることもありますが、小さなハムスターにとっては負担が大きいんですね。

冬眠をしたことで体が弱くなったり、下手をするとそのまま命を落としてしまうこともあるそうです。

寿命は5年ほどと言われるハムスター。

犬や猫と比べてももともと短い寿命ですが、小さな命を守ってあげるために、冬は冬眠しないよう気をつけなくてあげなくてはいけません。

 

ハムスター用のヒーターの選び方

わが家のドームヒーターは、先ほど書いたように ヒーターの温度が選べるリバーシブルタイプになっています。

ただ、せっかくヒーターを購入しても、この中にハムスターが入ってくれなくてはどうにもなりません。

ハムスターが入ってくれるか入ってくれないかは、実際に試してみないとわからないため、購入前にはとても悩みました。

 

そのとき、ドームヒーター以外のヒーターとして紹介されたのはこのタイプ。

今あるゲージの下に敷くだけなので、床暖房のような感じで使えます。

ドームヒーターのようにまめに掃除をしてあげる必要がないのと、自動でヒーターの表面温度を保ってくれるので温度が上がり過ぎることがない点がいいなと感じました。

 迷った末ドームヒーターに決めましたが、私たちの心配をよそに、寒い日はドームヒーターの中でハムスターは元気に過ごしています。

寒くなれば自分から入っていくので、 それほど気にすることはなかったかもしれませんね。

 

まだまだ寒い日は続きます。

ハムスターを飼われている方は、冬眠に注意してくださいね(*'▽')。

 

 

スポンサードリンク 

 

 

  最近はまっている、マフラーニットメーカー。面白いです(#^.^#)

www.hanatooyatsu.com

www.hanatooyatsu.com